ケノンは、ほくろ除去、シミ取りには使えません。逆に、増えることもありません。ほくろ、シミ、黒ずみは、シールで隠して使いましょう

時々、「ケノンでほくろも綺麗になるの?」とか、「シミが取れるの?」と聞かれることがあります。

ケノンは、ほくろ除去や、シミ取りには使えません。

 

むしろ、ほくろやしみ、黒ずみがある時に使う時は注意しないといけないことがあります。

ケノンをほくろやシミ、黒ずみに使う時の注意点、正しい使い方を紹介します。

※スキンケアカードリッジ以外のカートリッジを使う時の話です。

ほくろ、シミ、黒ずみに使うとやけどの恐れがある

ケノンでホクロ除去やシミ取りをしようと思っていた方には残念なお知らせになりますが、ケノンは、ほくろやシミ、黒ずみには使ってはいけません。

 

黒いところは、光のエネルギーを大きく吸収する。という特徴があります。

夏の暑い時に、黒いところはとても熱くなりますよね。それと同じ理屈です。

 

場合によっては火傷してしまうこともありますし、やけどまでいかなくても、軽い炎症を起こしてしまったり、痛みが残ってしまったりするので、使わないようにしましょう。

 

ケノン公式サイトにも、「ホクロに使っても大丈夫ですか?」という質問に対して、「フラッシュは黒い色に吸収される特性があります。ホクロやシミなど色素が濃い部位への照射は、火傷の原因になりますので使用しないで下さい。」と書かれています。

 

ほくろ、シミ、黒ずみに使う時は、隠して使いましょう

ケノンを、ほくろ、シミ、黒ずみに使う時は、シールなどで隠して使うようにしましょう。

 

ほくろ、シミ、黒ずみを隠すのに便利なグッズをいくつか紹介します。

おすすめの隠し方

・シール
百均などで売っている、丸いシールは、ほくろを隠すのにおすすめです。

できれば、シールも黒や茶など濃い色ではなく、白など薄い色を選ぶようにしましょう。

 

・絆創膏
絆創膏を丁度いい大きさに切って隠すのもおすすめです。

絆創膏によっては、空気を通すための穴が結構大きいものがあります。穴が小さいもの、穴がないものを選びましょう。

また、透明なものだと透けてしまうので、肌色のものを選ぶようにしましょう。

 

・サージカルテープ
ガーゼや包帯を止めるためのサージカルテープも、おすすめです。

ほくろが透けているようなら、二重に貼るようにしましょう。

 

シール、絆創膏、サージカルテープなど、ほくろやシミ、黒ずみの大きさや形にあわせて、使いやすいものを選ぶと良いですね。

できれば、シールよりも、絆創膏やサージカルテープの方が、元々皮膚に貼るためのものなので、おすすめだと思います。

ケノンで綺麗にしようとしているのに、肌にダメージを与えてしまってはいけませんからね。

 

おすすめできない隠し方

・コンシーラー、ファンデーション
普段、シミやコンシーラーを隠そうと思ったら、コンシーラーやファンデーションを使いますよね。

ただ、ケノンを使うときにコンシーラーやファンデーションを塗っていると、ガラス面について汚れて、光が弱くなってしまう恐れがあります。

ケノンを使う時に、化粧品やジェルなどを塗ることは推奨されていません。

 

・修正液
文房具の、修正液を使って隠した!という猛者がいましたが、取るのが大変だったようです。

ケノンで肌を綺麗にしたいのに、ダメージを与えてしまうことになるので、やめておきましょう。

 

レベルを下げるのもおすすめできない

ほくろに当てるのが痛いから、レベルを下げて、痛くないようにして使おう。と思った人もいるかもしれません。

確かに、レベルを下げると痛みや火傷の恐れはなくなるかもしれませんが、そもそもの威力が下がってしまいます。

レベルを下げたばっかりに、いつまで経っても綺麗にならなかったら意味がないので、レベルを下げるはおすすめできません。

ホクロを隠して、レベルは下げずに使うことをおすすめします。(私はできるだけ全身レベル10で使うことをおすすめしています。)

 

私の友達にも、痛い思いをした人が・・・

私の友達にも、ホクロの上からそのまま使って、痛い思いをしてしまった人が二人います。

その時どんな感じだったか、感想を書いてもらいました。

 

30代の友達①

ホクロがあるところにも気にせず使ってしまったんですが、光を発射した瞬間、「イタッ!」となって、ヒリヒリが数日続きました。

それからは、シールを貼って隠すようにしています。

ホクロのところだけ避けて使うのも難しいので、百均でも何でもいいので、シールを買ってきて隠してから使ったほうがいいです。

 

30代の友達②

腕に結構ホクロがあるんですが、ホクロの上から使うと、痛かったです。私の場合は火傷まではいかなかったですが、何時間かヒリヒリしてしまいました。

テープで隠せば大丈夫なので、ホクロはテープで隠して使うようにしています。

 

ほくろが増える心配はない

逆に、「ケノンでほくろが増えたりしない?」と聞かれることもたまにあります。

 

ほくろは、メラニンが過剰に生産されることでできます。

メラニンが過剰に生産される一番の原因は、紫外線です。

 

ケノンの光は紫外線ではないので、ほくろが増える心配はありません。

少なくとも、私の周りで使っている友達で、「ほくろが増えた」という人はいないので、その心配は必要ないでしょう。

 

ケノンでほくろが増えた?と思ったら、それはおそらく、毛がなくなったことで今まで目立っていなかったホクロが見えるようになったか、紫外線など、他の原因です。

 

まとめ

たまに、ケノンでほくろやシミがかさぶたになって取れた。という書き込みを見かけますが、それは正しい方法ではないので、そういった目的では使わないようにしましょう。

しっかり隠して、レベルは下げずに使えば、ほくろの場所以外は普通に綺麗にすることができます。

© 2020 ケノンのススメ Powered by AFFINGER5